初心者SM体験

多少のSM経験はあるけれど…

彼氏さんやサイト・SNSを通して出会った方と多少のSMプレイ経験はあるけれど「調教」「服従」「主従関係」といった強烈な言葉には抵抗がある。
そんなちょっとシャイな?「初心者さん」に向けたプレイ中心のコースです。

SM調教をご希望される方からいただくご依頼のプレイ要素アンケートを拝見していると、未経験や初心者さんでは「羞恥系、緊縛・拘束、玩具などによるプレイ」にご希望が集中しています。これに対してご経験がある程度あったり、ご幼少時から妄想が強い方ではアナル系や鞭・スパンキングなどの打撃系への嗜好が強くなる傾向があります。

実際には全く初めての方でも順を追ってご経験を積まれる中で、ご本人の好奇心も手伝って「気が付いてみたら何でもできるようになっていた」というようなケースがほとんどです。
それでも、実際に体験されるとなると「安全なのか」「何をされるんだろう」「痛くてもやめてもらえないのでは」などと不安になられるのも当然ですし、事実様々な行為を無理強いすることをSMと勘違いしているSが多いのも残念ながら事実です。

あなたの嗜好と合ったプレイスタイルのSMをご一緒に探しましょう

SM経験が多少なりともあるという方からご依頼をいただく場合で多く見受ける動機は「攻め手の性格面、プレイ面でいろいろなタイプのSMを経験してみたい」というものです。
直接、率直にそうおっしゃる場合もあれば、雰囲気から想像する場合もありますがどちらにしても、攻め手、受け手が互いに信頼して長く深い関係を築ける「相性のいい」プレイパートナーを見つけたいということと推察します。

そんな、ちょっとわがままなM女様にも安心して攻め手、受け手の関係性やプレイのさまざまなバリエーションをご体験いただくための「見聞を広める」場としてご利用いただけるのがこの「初心者SM体験」コースです。

興味があるプレイ、試してみたいシチュエーションなどがあるなら、それを実現するという形が良いでしょう。特にないようでしたら、事前のカウンセリングで希望内容、NG事項を詳しく伺った上でいままでご経験がなかった新鮮なSM体験などの流れを作っていきます。

この初心者SM体験からさらに本格的なプレイや調教に進まれるかどうかは、ご体験後にゆっくりお考えください。

 初心者SM体験のご依頼・お問合せ

初心者SM体験

s 今まで経験した方とは違ったタイプのプレイをしてみたい方に…

SM体験の内容(例)

ここに挙げるのは、初心者SM体験でお試しいただけるプレイ要素の例です。この全てを必ずご体験いただくというわけではありませんし、ここに無い項目でもご希望があればアレンジいたします。

・カウンセリング
いままでの性経験、SM体験、現在のパートナー様とのご関係、プレイのご希望やSMに寄せる思いなどを詳しくお伺いしてプレイ方針をご一緒に考えます。

・指示による脱衣と全身観察
プレイの一環として着衣を脱いでいっていただきます。初対面の男性からじっと見られているその面前で脱衣することの羞恥にあらためて興奮されることでしょう。さらに、直立、床に仰臥、大きく開脚、四つん這いで尻を突き出すなど指定された姿勢で全身を観察していきます。きっとその興奮と期待にあなたの全身はほてり、乳首は硬くとがり、性器からはびっくりするほと多くの愛液が流れ出すことでしょう。

・全身感覚検査
身体各部を手指や道具で刺激して刺激に対する感覚を確かめます。

・緊縛と拘束
麻縄や手足の拘束具で身動きを制限し、身体各部を性的な意味で刺激して反応を観察します。

・軽いスパンキングや鞭
平手で尻を軽く打ちます。
体験調教で使う鞭は「ばら鞭」という初心者用の鞭です。
* 「ばら鞭」は比較的薄く幅のある帯状の革を何本か束ねたものです。打ち方もなでるような軽さから少しずつ強くし、痛みを感じるかどうか、という程度から次第に強くしていき耐えられる範囲を越えることはありません。「初心者SM体験」での打撃系の刺激の目的は身体の感覚をより敏感にして強い快感が感じられるようにするためです。

・アナル調教 *
潤滑剤などで十分に保護した上で指1本から少しずつ慣らしながら細めのアナルバイブなどを挿入します。

* 浣腸やアナル調教には最初抵抗がある方も多いと思いますので、ご興味ある方にだけ実施しています。

・感覚の開発
指を使った手技による刺激やローター、バイブなどの刺激で強いオーガズムを何回も体験します。
「心のリミッター」を取り払うことによって今までに経験したことがないような深い感覚を心ゆくまでご堪能ください。

ご興味をお持ちいただけましたら「初心者SM体験のご依頼・お問合せ」からご連絡ください。疑問な点や不安なことなどありましたらどうぞ遠慮なくお尋ねください。

このページの短縮URL:http://wp.me/P3ZI9f-B6

FacebookTwitterGoogle+共有