今も調教中なのですが

他の方から調教を受けられている場合

「調教中」「主従関係」「奴隷契約」「絶対服従」という呼び方がしっくりくるような関係のパートナーさんがいらっしゃる場合には、当サイトで「性調教」を受けられ前にそちらとの関係をスッキリさせておくことが望ましいでしょう。もちろん、関係の終了、清算を考えていらっしゃる場合にはそれも一つの方法です。パートナーさんからの「逆切れ」や度を超した「お仕置き」という方向に事態が行ってしまわないように十分注意して関係を終了させてください。

奴隷契約はどうすれば…

「奴隷契約」に拘束されている、と考えられる方もいらっしゃるかもしれませんが、もとよりそのような社会通念の許容範囲(公序良俗ともいいます)を超える契約には何の効力もありません。あなたがそれを守ることでパートナーさんからの評価が高まるのでは、と期待されてそれにこだわられるのだとしたら、すでにその関係の終了を考えているわけですからもはや意味がありません。

関係を継続したまま当サイトでの調教を希望される場合

調教を受けている「主」がいらっしゃっても相当期間(例えば半年とか)何のやりとりも無いような場合、実質的に関係は終了しているものと考えてよいと思います。特に「主」が多数の方を同時進行で調教されている、いわゆる「多頭飼い」の場合には、残念ですがあなたに対する調教に興味を失ってしまっている可能性が高いと思われます。このような場合にはあらためて「終了」を宣言する必要もないでしょう。

これとは異なり、はっきりと現在も調教が進行中であって、当サイトでの調教中や調教終了後もその「主」との関係を継続したいとお考えの場合には、何らかの形で現在の「主」の承諾を得ていただく必要があります。同時進行型の調教をされる方の場合、それぞれの「奴隷」への執着がそれほど強くないため、単純に承諾していただけることもあるでしょう。しかし、より無難なのは現在の「主」からの「命令」「指示」で性調教を受けていただくという方法です。形式的なことですが、あなたがそれとなく当サイトでの調教の話題を持ち出し、それを「主」からの「命令」というスタイルに持ち込めれば、現在の「主」と当サイトでの性調教との関係がスッキリして、何の後ろめたさも無く「すがすがしい」気持ちで調教をお受けいただくことができます。

この方法によった場合、当サイトでの調教内容を現在の「主」様にご報告いただいて構いません。

いずれにしても、「主」の怒りや過度の「お仕置き」を招くことのないよう十分に注意して「お伺い」をたててみてください。

FacebookTwitterGoogle+共有